EDにも種類がある

ED治療にパートナーの協力が必要な意味

ED治療は心因性の場合はパートナーとのコミュニケーションなどを通じて改善することもできるので、薬だけに頼らない根本的な治療をするためにはパートナーの協力は大きな意味があります。EDの治療は新薬の開発などで大きな進歩をしていますが、一時的に勃起状態を維持するのではなく、根本的にEDを改善して自然な形で勃起を維持できるようになるためには不安などの心の問題を解決しなければならないので、パートナーがスキンシップ時に相手をリラックスさせることができると、ED治療には非常に意味があります。多くの場合は勃起改善薬を投与するだけで治療を完了させてしまいますが、ストレスなどによる不安な気持ちを和らげるだけでも十分に効果があるので、パートナーとのスキンシップを向上させる意味でお互いが話し合うことは非常に重要です。EDはセックスに集中することができないことで勃起が維持できない場合が多いので、落ち着いた気持ちでスキンシップをすることが必要ですが、ストレスなどがあると集中するのが難しいので性欲があっても勃起が維持できずに満足度が低くなるといった状況になります。勃起が阻害される仕組みは交感神経が活発に働くことで、本来ならばペニスに流れるはずの血液が他の臓器に流れてしまうものなので、これを防ぐためには落ち着いた状態でスキンシップをする必要があります。このため医療機関では抗不安薬を処方して心を安定させることを重視することもあります。EDを予防するための成分はアルギニンやシトルリンなどがありますが、これらは鶏肉やトマトなどから摂取することができます。サプリメントも販売されているので、ED治療を行わずにサプリメントで症状を軽減することも可能になります。