EDにも種類がある

ED治療薬の勃起可能な時間

ED治療薬の勃起可能な時間は薬によって異なっているのですが、セックスをする時間帯に合わせて服用することが一般的となっているので、持続時間が長いほうがより手軽に服用することができます。EDは根本的な治療が可能な病気ですが勃起改善薬を服用することで勃起することができるので、多くの中高年男性が服用しています。また最近では個人輸入によって安い価格でジェネリック医薬品が入手可能になっていることからED治療に関する考え方も変化していて、疲れやストレスによって勃起ができなければ薬を服用するだけでセックスが可能となるという考え方が一般的になりつつあります。EDの根本的な治療には心理カウンセリングや認知行動療法が必要なのですが、薬によって勃起ができることでこれらの治療の優先度が低下しています。持続時間が30時間以上の薬も開発されているので、毎日1錠服用するだけで十分な効果を得られるようになっています。また食生活を改善することで勃起を維持する時間を長くすることができるとされていて、アルギニンやシトルリンなどの成分を含んでいるサプリメントがED対策のために販売されていて、疲れやストレスでセックスが思うようにできない男性に人気の成分となっています。これらの成分を食材から摂取する場合には鶏の胸肉や納豆などの大豆製品に多く含まれているので、これらの食材を毎日食べているとサプリメントを摂取する必要がありません。シトルリンはスイカやトマトなどに含まれている成分なので赤色の果物や野菜を食べることで十分に摂取することができます。これらの成分はペニスに流れ込む血液の量を増やすことができるので勃起を維持する時間を長くすることができます。